プログラミングとは

プログラミングってなんだろう?

プログラミングとは、コンピュータに「こういう風にうごかして」と命令めいれいすることです。
プログラミングのソフトによって、命令めいれいの方法はさまざまですが、スクラッチでは、ブロックをわせて、コンピュータに命令めいれいをしていきます。

ブロックのわせには、主に「順次じゅんじ」「くりかえし」「条件じょうけん分岐ぶんき」の3つの種類しゅるいあります。
それでは、それぞれどのようなものなのか見ていきましょう。

順次じゅんじってなんだろう?

コンピューターに命令めいれいしたときに、プログラムを上から順番じゅんばんに行っていく処理しょりのことを「順次じゅんじと言います。身近みぢかな例をあげて、見ていきましょう。

みなさんは、あさきてから学校に行くまでに何をしますか?
がわのリストをドラッグして、あさ行動こうどう順番じゅんばんにならべてみましょう。

顔をあらってから、朝ごはんを食べる人もいれば、朝ごはんを食べてから、顔をあらう人もいます。
人によって行う順番じゅんばんにちがいはありますが、私たちも生活の中で順番じゅんばんにものごとを行っています。

では、「朝の行動」をプログラムにすると、どのようになるでしょうか。
はたをタップして、確認かくにんしてみましょう。

このプログラムは、下の図のようにブロックをわせて作っています。
プログラムが上から順番じゅんばん通りにうごいていましたね。このような命令の方法を「順次じゅんじ」と言います。

くりかえしってなんだろう?

コンピュータに命令めいれいしたときに、プログラムのうごきをくりかえ処理しょりのことを「くりかえし」と言います。
身近みぢかな例をあげて、見ていきましょう。

私たちは「なわとび」をするとき

ジャンプ → 着地ちゃくち → ジャンプ → 着地ちゃくち → ジャンプ → 着地ちゃくち ・・・・

というように、同じ動きをくりかえし行っています。

では、「なわとび」の動きをプログラムにすると、どのようになるでしょうか。
はたをタップして、確認かくにんしてみましょう。

このプログラムは、下の図のようにブロックをわせて作っています。
「ジャンプして着地する」という動きを「くりかえし」ブロックではさむことで、くりかええしてほしい回数だけ、動きをくりかえしてくれます。このような命令の方法を「くりかえし」と言います。

条件じょうけん分岐ぶんきってなんだろう?

コンピュータに命令めいれいしたときに、ある条件じょうけんたいして、行動こうどうが分かれる処理しょりのことを「条件じょうけん分岐ぶんきと言います。身近みぢかな例をあげて、見ていきましょう。

みなさんはお出かけをするとき、雨がっていたらどうしますか?
雨がっていたらカサをさす、雨がっていなかったらカサをささないと、私たちは空を見て、自然と次の行動を判断はんだんしています。

ほかにも、横断おうだん歩道ほどうわたるときや、じゃんけんをするときなど、状況じょうきょうを見て、いろいろな判断はんだんをしていますね。

では、「横断おうだん歩道ほどうを渡る」ときの動きをプログラムにすると、どのようになるでしょうか。
はたをタップして、確認かくにんしてみましょう。

このプログラムは、下の図のようにブロックをわせて作っています。
信号が青ならすすむ、そうでなければとまる、となるように、条件じょうけんによって、次のうごきをえています。このような命令の方法を「条件じょうけん分岐ぶんき」と言います。